過食嘔吐を繰り返すことで引き起こされる症状としては、さらなる過食が進んでしまうということにあります。
摂食障害である過食症の場合、どうしても食欲が抑えきれずに大量に食事を摂取してしまうのが問題です。吐かないで食べ続ける過食症も肥満や生活習慣病を引き起こす、自己嫌悪に陥るなど問題は多いですが、過食嘔吐の場合、それが「食べても吐けばいい」とか「吐けばいいから食べても大丈夫」と思ってしまう傾向にあります。そのため、罪悪感は感じながらもどんどん食べ続けてしまうのです。確かに吐かないで食べ続ける過食症の場合と比べれば、カロリー摂取が抑えられるので肥満などの危険性は低くなります。むしろ栄養失調になってしまうほどです。そして吐き出すのですから、お腹が空っぽになるために次々に食べられるようになってしまうのです。そのため満腹中枢も刺激されることなく、どんどん過食が進んでしまうのです。
どんどん過食が進むということは、それとともに嘔吐も繰り返すということになります。その繰り返しで逆流性胃腸炎を促進させてしまうでしょうし、歯も溶け出してしまうかもしれません。
過食嘔吐は簡単に言ってしまえば、過食が嘔吐を引き起こすわけです。過食がおさまれば、当然はく機会も少なくなっていき身体にかかる負担も小さくなっていくでしょう。ただ過食嘔吐は、嘔吐することでさらなる過食を引き起こしているとも言えるので、いつまでたっても負の連鎖がおさまらなくなってしまうのです。